マネースクウェア・ジャパン(M2J)の株価指数CFDで脱サラ計画!

マネースクウェア・ジャパン(M2J)の株価指数CFDで脱サラ計画を密かに企てる40代崖っぷちサラリーマンのブログです。

元手20万円でFTSE100を複利運用すると?

M2J社の株価指数CFD。

 

円高や円安といった為替の影響を受けることなく、日経225はもちろんダウ30、DAX、FTSE100といった世界中の株価指数に投資出来ることから口コミ等で話題になっています。

 

そんなM2Jの株価指数CFDの中で特に人気を集めているのがFTSE100。

 

DAW30や日経225に比べ半分程度の証拠金で済むうえ、配当利回りも高いことから人気化しているんですね。

 

2017年3月24日のFTSE100の株価は7340円、年間配当2万8816円、レバレッジ1倍の配当年間利回りは4.03%となっています。

 

FTSE100は1単位につき25,000円の証拠金で投資出来ますが、2015年のチャイナショックや2016年のイギリスEU離脱ショック程度のショックに今後も十二分にもちこたえるためには1単位あたり20万円の証拠金を用意するのが無難で安全でしょう。

 

ちなみに証拠金20万円でFTSE100を1単位購入した場合の年間配当利回りは約14%に達します。

 

為替リスク無しの円建て投資でこれほどの好利回りは他にほとんどありませんね♪

 

さて、そんなFTSE100を元手20万円で運用を開始し、配当で20万たまるごとに1単位ずつ追加購入する複利運用をしていくとどのぐらいのペースで資金が増えていくのかシミュレーションしてみました。

 

f:id:hh5lu6xi:20170326193036p:plain

 

最初の7年間は毎年28,816円のスローペースが続きますが、8年目でそれまでの配当累計が20万円を超え1本追加購入出来るようになります。

 

このペースで投資を続けると12年目には3本、14年目には5本と本数が増えていき、16年目には月間の配当額が1万円を超えるんですね。

 

更に同じペースで再投資を続けることにより21年目には月2万円、27年目には月5万、そして33年目には月10万を超えていくのです。

 

そこから先は急激に資産増加のペースが増えていくことになります。

 

これがたった20万円のみの投資ではじめた結果なのですからアインシュタインが発明した「複利」とは本当に凄まじい威力ですね!

 

ちなみに34年目には資産が1,000万円を超えています。

 

あなたも是非「時間」という味方を早々につけてFTSE100を用いた資産運用を早々に始めてみてはいかがでしょうか?